クレジットカードの支払い方法

*ボーナス併用払い

通常の分割払いにボーナス払いを組み込むことができます。

これは分割払いということで、金利手数料がかかります。

*分割払い

分割払いは3回以上に分けて支払いをする方法です。

通常36回まで分割払いする回数を決めることができ、高額な商品を買う時に便利です。

ただ金利手数料がかかり、支払い期間が長くなるほど金利手数料も大きくなりますので気を付けましょう。

*リボ払い

リボとはリボルビングの略で、リボ払いと呼ばれることが多いです。

リボルビング払いとは毎月の支払額を2千円や3千円と決めて支払う方法です。

これも分割払いですので金利手数料がかかります。

商品を買う時は一括払いにした時も、後でカード会社に連絡してリボ払いにすることができますので、もし分割払いを選べないお店で買ったとしても大丈夫ですね。

分割払いとリボ払い、この2つがごっちゃになりそうですが、違いますので注意しましょう。

支払い回数を決めるのが分割払いで、毎月の支払額を決めるのがリボ払いです。

支払い期間から見れば同じという感じがしますが、買い物が増えた時に違いが出てきます。

分割払いは支払い回数が決まっていますので、買ったものが増えると毎月の支払額が増えることになりますね。

たとえば最初に買ったものを月5千円の分割払いにしている所でさらに月3千円の分割払いで買い物をすると、これからしばらくは月8千円の支払いということになるのです。

これがリボ払いですと、毎月の支払額を決めてありますので、買ったものが増えても5千円なら5千円と最初に決めた額を支払えばいいことになります。

ただこの方法だと支払い回数が増えますので、金利手数料の負担が大きくなるという欠点があります。

買い物をするたびに毎月の支払額が増えるのが分割払い、支払い回数が増えるのがリボ払いと覚えておくとよいでしょう。

その他クレジットカードの支払い方法

*フレックス払い

最後に紹介したいのはフレックス払いです。

フレックスタイムというのを聞いたことがあると思います。

通常の出勤・退勤の時間をずらして、自分の好きな時に来て帰ることができるシステムですね。

フレックスとは融通がきくという意味で、クレジットカードでも一部ではフレックス払い、いわゆるある時払いができるものがあります。

分割・リボ払いは毎月支払う額をあらかじめ決めてありますが、フレックス払いの場合は自分で勝手に増やすことができます。

お金がある時はどんどん追加して支払いができるのが大きな特徴です。

臨時収入があった時に自分の好きなタイミングで支払うことができるわけです。

そのためATMやネットバンキング等の融通がきく所も多いです。

金利手数料が高い傾向にありますが、お金がある時にまとめて払っておけば、支払い期間が短くなって金利手数料も減ることになります。

収入が増えると見込めるのであれば、毎月の支払額を高くしてしまうことも可能です。

月5千円を1万円にも5万円にもできます。

また残りを一括で払えば金利手数料がかかりません。

毎月の支払い額を増やした後に、その範囲内でクレジットカードを使っても金利手数料はかからないことになります。

使い方によっては一括払いにもリボ払いにもなるという方法です。

tesuto

tesuto


Fatal error: Call to undefined function the_posts_pagination() in /home/m050c008/public_html/vialacteafarm.com/wp-content/themes/fmi/index.php on line 76